NewMusic.jp

Take It – Black Roots

新アルバム「Take It」2018年11月2日にリリース!

「我々の曲のすべては、若者が資本主義のジャングルに迷い込んで同胞を躊躇せずに殺す様子からインスピレーションを得た。その残忍さは、我々のいわゆるリーダーの考え方から来ている。特にタイトル曲『Take It』(テイク・イット)では、Jahjah ジャージャー(ラスタファリ主義の神)や人生よりもお金を優先する世界の概念について語った曲。」

これがバンドによるアルバムの説明。この説明を読むと、Black Roots(ブラック・ルーツ)は自分が選んだ道から外れるつもりは全くないことがはっきりとわかる。

彼らは、社会的政治的な批判やアフリカの解放をテーマとすることをいとわない。ただし、あらゆる人種の人々をその音楽のメッセージに幅広く含める能力を備えているため、知識や力づけること、そして社会の貧しい弱者を抑圧したり奴隷にしたりする者に対して共に立ち向かうことをテーマとする。

新アルバム「Take It」(テイク・イット)は、バンドの自営レーベル Nubian Records(ヌビアン・レコード)とフランスのインディーレーベル Khanti Records(カンティ・レコード)の協力でリリース。プロデュースはバンドが担当、マスタリング・編集は Louis Beckett(ルイス・ベケット)が担当した11曲入り新アルバムは、CD、レコード、ダウンロード、音楽配信サービスなど様々な形式で購入可能。

リンク

TopMusic.jp 日本語版HP
公式HP
YouTube
Facebook
Instagram
Twitter
Soundcloud
ReverbNation

ショップ・音楽配信

iTunes/Apple Music
Spotify
Google Play
Deezer
kkbox
AWA
Tower Records
HMV

連絡

お問い合わせ

戻る